投信ブロガーが選ぶ投資信託とは?2016

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」とは?

 

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、
自分たちにとって本当によいと思える投資信託を
投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで
「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」
というイベントです。

 

 

そんな、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」が、
2017年1月14日、発表されました。
そこで、それぞれの

 

  • 購入手数料
  • 信託報酬 / 管理報酬
  • 販売会社

 

これらのデータを比較してみました。

 

順位 ファンド名/運用会社 資産 購入手数料

信託報酬
管理報酬

販売会社

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド/
ニッセイアセットマネジメント

先進国株式 0円 0.23%

SBI証券
フィデリティ証券
マネックス証券
楽天証券
カブドットコム証券

たわらノーロード先進国株式/
アセットマネジメントOne

先進国株式 0円 0.24%

SBI証券
楽天証券
カブドットコム証券
ジャパンネット銀行

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)/
バンガード・グループ

世界株式(日本含む)

(SBI証券の例)
米国株式
約定代金の0.45%
下限5ドル
上限20ドル

0.14%

SBI証券
マネックス証券
楽天証券

iFree 8資産バランス/
大和証券投資信託

バランス 0円 0.25%

SBI証券
楽天証券
マネックス証券
カブドットコム証券

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド/
セゾン投信

バランス 0円 0.69% セゾン投信

(直販)

ひふみ投信/
レオス・キャピタルワークス

日本株式 0円 1.06% レオス・キャピタルワークス(直販)

ひふみプラス/
レオス・キャピタルワークス

日本株式 3.24%を上限として販売会社が定める料率(主要ネット証券は0円) 1.06% SBI証券

楽天証券
マネックス証券
カブドットコム証券

世界経済インデックスファンド/
三井住友トラスト・アセットマネジメント

バランス 3.24%を上限として販売会社が定める料率(主要ネット証券は0円) 0.54%

SBI証券
フィデリティ証券
マネックス証券
楽天証券
カブドットコム証券

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド/
ニッセイアセットマネジメント

日本株式 0円(手数料率) 0.21%

フィデリティ証券
SBI証券
楽天証券
カブドットコム証券

10

セゾン資産形成の達人ファンド/
セゾン投信

日本株 0円 1.35%

セゾン投信
(直販)

 

>>「証券会社の評判 | おすすめランキングと特徴の解説」のページに進む

 

 

スポンサードリンク

 

 

”独立系投信 / 直販ファンド”からは今年も3投信!

 

今回の「Fund of the Year」の独立系投信は、
昨年に引き続き、私が毎月積み立てている
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が第5位、
「ひふみ投信」が6位に入賞、
さらに、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の兄弟ファンド、
「セゾン資産形成の達人ファンド」が10位入賞です!

 

 

昨年7位だった鎌倉投信の「結い2101」も、
第11位と今年も上位に名を連ねました。

 

 

この3つの直販投信は、すっかり常連組となっています。

 

 

投資信託の事情通である投信ブロガーに評価されるような投信を、
私は、人生初めての投資先として選ぶことができ、
本当に運がよかったなぁと思います。

 

>>「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド申し込み体験談」のページに進む

 

 

下記が、それぞれの評価内容です。

 

5位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド/セゾン投信

 

◆「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の評価コメントの例

 

  • サブファンドがバンガード社で「安定している」こと、

    株式は30ヶ国以上、債券は10ヶ国以上に「分散投資が出来る」こと、
    投資哲学がしっかりしており、
    「個人投資家の長期投資を考えている」の3点

  •  

  • コンセプトと投資家に対する姿勢を評価。
  •  

  • 貯蓄から投資への移行を本格的に始めなければならない社会で、

    これ1本あれば大丈夫と
    投資初心者に自信を持って勧められるファンド

 

6位 ひふみ投信/レオス・キャピタルワークス

 

◆「ひふみ投信」の評価コメントの例

 

  • 毎月積立購入している投資信託の中で、

    一番パフォーマンスがよかった。

  •  

  • 運用成績の良さと藤野さんの考え方に共感できる。
  •  

  • いま日本で最も注目すべきアクティブファンドとして選んだ。

    藤野英人氏をはじめとした、
    レオス・キャピタルワークスの受益者と濃密なコミュニケーションを
    重視する姿勢。

 

10位 セゾン資産形成の達人ファンド/セゾン投信

 

◆「セゾン資産形成の達人ファンド」の評価コメントの例

 

  • コレ一本で「世界中の株式」に対して、

    少数銘柄厳選『集中』投資のアクティブファンドにたいして
    『分散』投資でき、かつ安定した流入資金をもって
    ノーセルリバランスができている点。

  •  

  • 信託報酬を差引いた実質リターンはVTと同程度か、

    むしろ若干良いくらいです。
    また、リーマン・ショックの時期には、
    VTよりも下落幅をかなり小さく抑えることに成功しています。

 

 

>>「独立系直販型ファンドとは?評判比較。」のページに進む

 

 

スポンサードリンク

 

 

「ひふみプラス」って何?「ひふみ投信」との違い

 

今年の”Fund of the Year 2016”、第7位にランキングした「ひふみプラス」、
気になった方も多いのではないでしょうか?

 

 

ご想像通り、この「ひふみプラス」は、「ひふみ投信」の姉妹ファンドです。

 

 

ふたつのファンドの違いは以下のとおり。

 

 

ひふみ投信

ひふみプラス

購入方法 レオス・キャピタルワークスから直接購入(直販) 販売会社(銀行や証券会社)を通じて購入
買付手数料 無料 3.24%を上限として販売会社が定める料率
信託報酬率 年 1.0584%(税込)保有期間に応じて信託報酬を一部還元 年 1.0584%(税込)純資産総額に応じて信託報酬率を逓減
各種サービス 運用レポートを月に2回配信、お客様限定セミナーを開催 販売会社によって異なります。
こんな人向け

長期にわたってひふみで資産形成をされる予定の人。
セミナーや運用レポートを希望する方。

既に銀行や証券会社に口座をお持ちの方。
金融資産を一社(ひとつの証券会社等)で資産管理をしたいという方。

 

>>ネット証券会社の評判 | おすすめランキングと特徴解説

 

初登場でいきなりの2位の快挙「たわらノーロード 先進国株式」

 

今年ランクインした投信の中で、一番の注目株といえば、
「たわらノーロード 先進国株式」です。

 

 

「たわらノーロード」は、購入時手数料なしで購入ができる
信託報酬を低く抑えた
アセットマネジメントOneのファンドシリーズ。

 

 

2015年12月7日の「たわらノーロード 日経225」スタートに続き、
今回受賞した「先進国株式」や「先進国リート」、
「新興国株式」といったものまで順次運用をスタートさせました。

 

 

現在、「たわら」は全部で19本のラインナップとなっています。

 

 

“たわら”という名前がユニークですね。

 

 

“たわら”というのは、お米だけでなく、小麦や小豆などの
穀物を包み保存する容器の役割があり、
豊か、蓄えるというようなイメージがある、とのこと。

 

 

社内を二分する侃々諤々の論争が繰り広げられた上で、
決定した名前だそうです^^

 

 

◆「たわらノーロード 先進国株式」の評価コメントの例

 

  • 巨大なDCファンドを買うだけという

    誰も思いつかなかったシステムを考案し、
    超低コスト革命を前進させた。

  •  

  • 低コストでマザーファンドも安定しているので今後に期待。
  •  

  • 今年の上半期は間違いなく「たわらノーロード」が中心となりました。

    専用サイトもわかりやすく好印象。

 

 

質の高い、本気で長期投資を考える投資信託が
またひとつ、増えてくれたようで、嬉しいです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「独立系直販ファンドとは?評判比較」のページに進む

トップへ戻る