投資信託を購入・運用するのに必要な手数料の解説

投資信託は、少額から始められて、
また、プロのファンドマネージャーが運用するため、
毎日の値動きをチェックする必要もない、
大変便利な商品ですが、
そうしたサービスを受けるためには、
当然手数料がかかります。

 

 

投資信託は、購入するときにも、
そして売却するときにも、
それぞれに手数料がかかる商品なのです。

 

投資信託にかかる手数料とは?

 

購入時手数料・買付(販売)手数料

 

投資信託を購入する時に支払う手数料。

 

 

商品を購入する度に、
「購入金額の○%」というふうに、販売会社に支払います。

 

 

販売手数料は、投資信託によって異なり、
購入金額の1〜3%が一般的です。
販売会社によっては、手数料を割り引いたり、
無料(ノーロード)にしているところもあります。

 

 

ちなみに私のおすすめしている
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも、
販売手数料無料(ノーロード)の投資信託です。

 

運用管理費用(信託報酬)

 

投資信託を保有している期間、
毎日支払う手数料。

 

 

投資信託の基準価額に対して一定の率として、
ファンドの資産から自動的に差し引かれる手数料。
投資信託運用会社への運用報酬、
受託銀行の管理報酬、
販売会社の販売代行業務に対する報酬が
含まれている。

 

 

一般的にファンドの内容が

 

よりアクティブ・複雑であるほどコストが高く、
インデックスファンドやMMFのような
ファンドのコストは安い。

 

 

金額はファンドそれぞれに定められており、
およそ0.3%〜1.8%程度

 

 

信託財産保留額

 

投資信託を売却するときにかかる手数料。

 

 

投資信託の運営会社が投資家にお金を戻すためには、
組み入れている資産の一部を売却する必要があり、
その売却にかかる費用を、同じ投資信託を保有する
別の投資家が負担することのないよう、
支払うもの。

 

 

金額は、0〜0.5%
無料の投資信託も存在する。

 

 

売却手数料

 

投資信託を売却する際にかかる手数料。

 

 

金額は、0〜0.5%
無料の投資信託が大半。

 

 

スポンサードリンク

 

 

良い投資信託は、手数料は高い?

 

投資信託の売買に必要な販売手数料、
信託財産保留額、売却手数料は、
運用に直接関係のない手数料です。
そして、運用にかかわる信託報酬も、
高ければ確実に利益が出せたり、
運用成績がよくなるかというと、
そんなこともありません。
また、利益が出たとしても、
手数料が高ければその分利益が減ってしまいます。
手数料はできるだけ安い方が、
投資商品として有利であることは間違いありません。
高い手数料の投資信託が
いつでも好成績であるわけでは、けっしてないのです。

 

 

しかし、ある独立系投資信託会社の社長は、
下記のように憂慮されています。

 

 

運用商品の質に対する議論があまりなされない中で
「運用報酬は、低い方が良い」と
単純化された解説が幾分強いようにも感じます。

 

 

運用報酬は、投資家の満足度の対価であり、
満足度の要素は、経済的な利益と
利益を得る過程における運用面や
説明過程における安心感・信頼感、
様々な手続き上の利便性などいろいろです。

 

 

投資信託初心者のうちは、
「手数料の安さ」を商品選択の理由として
重視することが当然だとは思いますが、
投資信託に対する理解が深まり、
それぞれの商品の性格を
しっかりと把握できるようになった暁には、
ファンドのパフォーマンスに対して、
妥当な手数料であるか、という点において、
自分で判断できるようになりたいものです。

 

 

吟味に吟味を重ね、私がまず最初に選んだのが、
セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」でした。

 

>>なぜ、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを選んだのか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「投資信託を購入する前に」のページに進む

トップへ戻る