証券会社・銀行のおすすめは危険?

 

さぁ、投資信託を買ってみよう

 

 

そう思い立って、まずどうしますか?
まずは書籍を購入して勉強しますか?
投資信託に詳しい知人にアドバイスを求めますか?

 

 

でも、難しい本をたくさん読むのは面倒くさいし、
周りに投資信託に詳しい人もいない。。。

 

 

よしっ、いつもお世話になっている
銀行の窓口にでも行ってみよう!

 

 

これが、とっても危険なんです。
ご存知でしたか?

 

 

でも、たぶんこういう流れで金融機関の窓口に
相談に行ってしまう方が大半ではないでしょうか?
それも、こんな危険な質問をしてしまうのではないでしょうか?

 

 

「何かおすすめの投資信託ってありますか?」

 

 

これ、とても怖い質問なんです。
投資信託を購入する際は特に、です。
なぜでしょう。
それは、金融機関で投資信託を販売している人たちは、
あくまで、

 

 

「販売のプロ」であって、「運用のプロ」ではない

 

 

ということです。

 

 

販売のプロが好む商品、客におすすめしたい商品というのは、
わたしたち購入者の資産運用に有利な商品ではなく、

 

よく手数料が取れる商品

 

の可能性が高いということです。
それ以外だと、
ノルマとして売らなければならない投資信託を
”おすすめ”してくる可能性もあります。

 

 

ですから、投資信託を購入するときに、
絶対にしてはいけないことは、
間違っても、金融機関で「おすすめの商品は?」
なんて聞かないこと。
そんな質問をしてしまったら最後、
販売側が売りやすい商品・手数料が取れる商品ばかりを
おすすめされてしまうことになります。

 

 

そうならないために、
事前に、自分自身で、どういう投資信託が欲しいのか、
考えて、見当をつける。
そして、その投資信託を販売している金融機関を探し、
そこで購入手続きをとる、ということが大切です。

 

 

金融機関によって、扱っている商品が違います。
ですから、”いつもの”金融機関”で購入することを前提にしないで、
自分の購入したい商品が購入できるところ、
という判断基準で金融機関を決定してください。

 

 

そして、吟味に吟味を重ね、私がまず最初に選んだのが、
セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」でした。

 

>>なぜ、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを選んだのか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「毎月分配型ファンドは買ってはいけない?!」のページに進む

トップへ戻る