毎月分配型ファンドは長期投資に向かない

 

毎月分配型ファンド

 

投資信託を本気で購入しようと決断し、
真剣に調べ始めた方なら、
この名前はよく目にしていると思います。
そして、ここ数年、この毎月分配型ファンドが、
最も個人投資家の人気を集めています。

 

 

ところが、困ったことに、

 

 

毎月分配型ファンドは、長期投資にまったく向かない

 

 

これが現実なのだそうです。
毎月分配型ファンドの特徴は、

 

 

文字通り、毎月分配金を受取ることができる

 

 

ということ。

 

 

投資信託には、「決算日」が設定されていて、
前回の決算日から今回の決算日までの
運用で発生した利益の一部が、
分配金という形で、投資家に支払われます。
一般的には年に一度決算を迎えるため、
1年間の運用で生じた利益の一部が、
投資家に支払われることになります。

 

 

ところが、毎月分配型(毎月決算型)ファンドは、
毎月決算日が設定されています。
前月の決算日から今月の決算日までの
1か月の運用で生じた利益の一部が
投資家に支払われるのですが、
長期投資を目指す投資家にとっては、
有利とはいえないしくみなのです、

 

 

投資信託の分配金は、
受け取る際に税金が課せられることになっています。
ということは、
毎月分配型ファンドで毎月分配金を受け取っている人は、
毎月、税金を払うことになる、ということです。

 

 

負担が大きいのは投資家側だけではありません。
投資信託会社としても、
投資家に分配金を支払う際に、
ファンドの資産の一部を売却したりして、
分配金の原資を作らなければいけません。
そうすると、その都度、売却コストがかかります。

 

 

毎月分配金を受け取るということ。
それは、税金・コスト両面において、
投資家にとっては、有利とはいえない、どころか、
とても不利な仕込みになっているのです。

 

 

そして、毎月分配型は、長期投資のメリットのひとつである、

 

 

再投資効果も期待できません。

 

 

スポンサードリンク

 

 

再投資効果とは?

 

運用で得た利益を用いて、さらに株式や債券を購入することで、
投資元本がより大きくなるため、
運用益もさらに増えていくという効果。
預貯金で言うところの、
複利運用効果」のようなもの。

 

 

再投資効果は、
運用期間が長期になればなるほど高くなるため、
長期投資にはかかせないものです。

 

 

ところが、販売金融機関が、
こんな大事なことを詳しく説明してくれることはありません。
販売金融機関は、
常に、その時の売れ筋ファンドをおすすめしてくれます。
そしてその売れ筋ファンドとは、大概
販売側が売りやすい商品・手数料が取れる商品なのです。

 

 

投資信託を購入するときには、
販売金融機関のアドバイスで商品を決定するのではなく、
あくまでも、自分の資産形成にとってプラスなのか、
しっかりと見極めなければいけません。

 

 

「毎月分配型投資信託」に
買ってもいい商品は1つもない。

 

 

経済評論家の山崎元氏は、ここまでおっしゃっています。
これは極端な意見かもしれませんが、
毎月分配型投信は、手数料が高いものが多く、
投資者の資産形成を真剣に考えているとは
到底思えないものが多い、というのが現実のようです。

 

 

長期投資を目指すなら、
毎月分配型ファンドは避けましょう。

 

 

そして、吟味に吟味を重ね、私がまず最初に選んだのが、
セゾン投信
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」でした。

 

>>なぜ、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを選んだのか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

毎月分配型投信にメリットはひとつもないのか?

 

ここまで、毎月分配型投信のデメリットを述べてきましたが、
これはあくまで、長期投資で資産形成を目指す場合のケースです。

 

 

それでは、毎月分配型にどんなニーズがあるのか?

 

 

考えられるのは、毎月の分配金を生活費等に使う場合です。
年代としては、定年退職して、年金で生活をされる方ですね。
ざっくり解説します。

 

 

1,000万円の退職金を預金口座におき、
年に200万円使うと5年でゼロになります。

 

 

基準価額が5,000円で分配金が100円の投資信託を、
1,000万円で2,000万口購入したとします。
すると、毎月20万円の分配金を受け取ることができます。
50ヶ月受け取ることができれば投資した1,000万円を
回収することができます。
投資ですから、元本割れしている可能性は否定できませんが、
それでも、投信は保有している状態であるため、
この時点で、1,000万円を普通に預金した場合と比べると、
資産は減っていない、という状態になります。

 

 

預金を切り崩して、ゼロにしまうよりは、
分配型投信を保有して分配金を毎月受け取り、
生活費の足しにする、という考え方です。

 

 

しかし、これができるのは、
ある程度まとまった資金がある方ですよね。
そして、元本ができる限り目減りしないで、
毎月安定した額を分配してくれればよい、という考え方ですから、
これからを資産を形成していこうという若年層には、
まったく参考にならないということです。

 

 

長期投資に毎月分配投信は向いていない

 

 

こういう結論になります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「投資信託新商品「新規設定ファンド」は要注意!」のページに進む

トップへ戻る