NISAで始めるREIT(リート)

REITとは「、Real Estate Investment Trust」の略称。

 

東京証券取引所に上場されている銘柄は、
REITの頭にJapanのJを付けて、J-REITとも呼ばれています。

 

REIT(リート)の仕組み

 

REIT(リート)とは、

 

「多くの投資家から集めた資金と金融機関から借り入れた資金によって
オフィスビルやマンション、商業施設、ホテル、物流施設などの
収益物件を購入・運用し、その収益を投資家に分配する」というもの。

 

 

複数の投資家が集まって「大家」となり、
資産運用会社に収益物件運用を委託する、投資商品。
元が家賃であるため、安定的に分配金が入ってきます。

 

REITの最大の魅力「安定した収益」

 

REITは、数多くの物件に投資をしています。
この投資物件の数の多さが、
「安定した収益」を生み出している要素の1つなんですね。

 

 

空室リスクの分散を図ることができる、ということです。

 

 

また、個人がアパートを1棟保有しているくらいでは、
なかなかできないことが、このREITではできてしまいます。
それは、資産運用会社におけるコスト削減の継続的な取り組み。
REITという巨大な組織だからこそ、交渉に応じてもらえるわけです。

 

 

また、株式会社の場合は、
利益から税金を引いた残りの一部を配当金として株主に回すのですが、
J-RIETの場合は、利益がほぼそのまま分配金として投資家に回されます。

 

J-RIETには、法人税の免除という優遇措置があるのです。

 

このため、

 

分配金利回りが高いんです

 

 

スポンサードリンク

 

 

REITの2つ目の魅力は分散投資

 

複数の銘柄を組み合わせることにより、
分散投資の効果はさらに高まります。

 

 

REITは各銘柄によって特徴があるわけですが、
特徴の異なる銘柄に投資をすれば、
日本のほとんどの不動産種類に投資をしていることと
同じ効果を得ることができます。

 

 

どの銘柄がどのような物件で運用をしているのか、鑑定評価、
テナントの偏り等、チェックを欠かさないことが大切なのは、
言うまでもありません。

 

 

不動産投資信託という形をとる、REIT(リート)。
継続的な分配金を得られるREITをNISA口座で保有すれば、
10年に渡って得られる非課税効果も
大きなものとなるのではないでしょうか?

 

>>REITの疑問にすべてお答えします!超実践入門通信講座

 

 

国内REIT型のうちインデックス型の注目ファンドは?

 

一般的な投資信託と同じように、REITにも、
東証リート指数等指標に連動したリターンを目指すインデックス型と、
指標より高いリターンを目指すアクティブ型が存在します。

 

 

もし、あなたが、”長期投資”での資金運用を目指すのであれば、
REITもインデックス型を運用の柱にすることが、
肝要ではないでしょうか。
インデックス型は、運用コストが安いことも、
長期投資を成功させる重要な条件のひとつですね。

 

 

ダイヤモンド社の記事で紹介されていた、
最も基本的な国内REIT型のうちインデックス型ファンドを、
ここでいくつか紹介させていただきます。

 

野村 インデックスF・J-REIT 『愛称:Funds-i J-REIT』

ファミリーファンド方式。
主要投資対象は、国内の金融商品取引所に上場されている
不動産投資信託証券(J-REIT)。

eMAXIS 国内リート
インデックス

ファミリーファンド方式。
主要投資対象は、東証REIT指数(配当込み)に採用されている
不動産投資信託証券。

NEXT FUNDS)東証REIT
指数連動型上場投信

東証REIT指数に採用されている銘柄、または採用が決定された銘柄の
不動産投資信託証券にのみ投資。

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「投資信託が資産作りに向いている理由」のページに進む

トップへ戻る