独立系投資信託「直販投信」の特徴

直販投信」とは?

 

投資家が、販売金融機関(窓口)を通さず
直接購入することのできる投資信託会社。
日本初の直販投信は、「さわかみ投信」。

 

 

窓口で買えないと言われると、かえって難しい、めんどくさい、
といった印象を受けるかもしれませんが、流れとしては、
ネットや電話で直販投信の会社へ資料請求をし、
その会社で自分の口座を開きます。
何も特別なことはありません。
その後、積立であれば自分の銀行口座から、
決まった日に引き落としてくれます。

 

直販投信のデメリット

 

直販投信の特徴は、
販売会社を一切通さないという点にあるわけですから、
一般的な投資信託のように、
証券会社の窓口で、担当者に相談できない、ということでしょうか。

 

 

ただし、最近増えているネット証券でファンドを購入する場合も、
証券会社の担当者に相談して購入する、という人は、
少ないのではないでしょうか。

 

 

ネットで、
無料のファンド検索機能を利用しているような方にとっては、
直販投信のデメリットはない、と言っても、
過言ではないと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

直販投信のメリット

 

「長期投資」で
個人投資家の資産作りをお手伝いしたい

 

 

という理念が明確なところ。
直販投信の扱うファンドは、
アクティブ運用有り、インデックスファンド有り。
また投資対象も、
日本株のみ、株式の海外分散、株債券の海外分散等、
さまざまです。
しかし、ひとつ、どのファンドもぶれずに貫いていることがあります。
それは、

 

 

全ての投資信託がノーロード(購入手数料0)、
運用管理費用も
できるだけ低く設定されていること。

 

 

顧客本位の投信を研究し突き詰めていくと、
「直販投信」にたどりつくのではないでしょうか?

 

 

主な独立系直販投資信託会社を表にしてみました。

 

投信会社名 ファンド名 運用形態

運用管理費用
(信託報酬)

信託財産留保額 最低積立額

 

ありがとう投信

 

ありがとうファンド アクティブ型 1.60% 0% 1000円〜

 

鎌倉投信

 

結2101 アクティブ型 1.08% 0% 1万円〜

 

コモンズ投信

 

コモンズ30 アクティブ型 1.06% 0% 3000円〜

 

さわかみ投信

 

さわかみファンド アクティブ型 1.08% 0% 1万円〜

 

セゾン投信

 

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド インデックス型 0.60% 0.10% 5000円〜

 

セゾン投信

 

セゾン資産形成の達人ファンド アクティブ型 1.35% 0.10% 5000円〜

 

ユニオン投信

 

ユニオンファンド アクティブ型 1.80% 0% 1万円〜

 

レオス・キャピタル
ワークス

 

ひふみ投信

アクティブ型 1.06% 0% 1万円〜

 

 

 

手数料を極力抑えた長期投資。
そこを訴えているのが直販投信なのです。

 

 

私は、投資を始める早い段階で、
この直販投信というものと出会えたことは、本当に幸運だったと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「長期投資・資産運用を考える若い世代向けのセゾン投信」のページに進む

トップへ戻る