初心者向きの投資「投資信託」のワケ

投資の対象になる金融商品は
たくさんあります。

 


FX
不動産

 

そういった個別の商品よりも、
投資信託は初心者向きだと言われているそうです。

 

 

銘柄の選択や売買のタイミング等、運用はすべてファンドマーネージャーに任せられる

 

プロだから儲かるという保証はありません。
しかし、投資を勉強する時間がない人でも
すぐに投資に参加することができます。

 

 

少額からの購入が可能なこと

 

一般的に株を購入するには、
数万円から数十万円の資金が必要です。
レバレッジをかけて少額から大きな取引ができる
FXという商品もありますが、リスクも非常に高いです。
不動産を購入するなら、数千万円の投資になります。
でも、投資信託のほとんどは、
1万円から購入することができます。
銘柄によっては、500円から購入できるものも
発売されています。

 

 

分散投資ができること

 

投資信託は、通常、数十〜数百の株や債券に
投資しています。
投資信託を購入するということは、
間接的に、それら数十〜数百の株や債券に
投資していることと同じことになります。
この分散投資によって、
特定の国や企業の影響を受けにくくなり、
安定した運用ができる確率が高まるのです。

 

 

「投資」というと、「楽して儲ける」という偏見を
まだまだ持っている方が多いのが現状かもしれません。

 

しかし、投資は、
「今の生活を老後も続けるために」
必要なことなんだ、ということ。
そして、そんな投資商品の中でも、
初心者向きなのが、「投資信託」という商品なのです。

 

 

そして、吟味に吟味を重ね、私がまず最初に選んだのが、
セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」でした。

 

>>なぜ、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを選んだのか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「投資信託の分類」のページに進む

トップへ戻る