投資信託を金融商品ごとに分類しました。

株を組み入れて運用している投資信託
→ 株式投資信託

 

株を一切組み入れず、債券等で運用する投資信託
→ 公社債投資信託

 

 

上記2つが一般的な投資信託ですが、
他にも、不動産投資信託(REIT)や、
資源に投資する投資信託、
また、株と債券、株とREITなどと、
複数の金融商品に投資する
複合型の投資信託もあります。

 

投資信託を購入期間で分類。

 

投資信託には、

 

いつでも購入することができる
追加型(オープン型)と、

 

あらかじめ購入期間が期間が決まっている
単位型(ユニット型)

 

2種類があり、
追加型が全体の9割以上を占めています。

 

 

購入した投資信託は、
基本的にはいつでも自由に売却できますが、
例外的に売却ができない
クローズド期間が定められている投信
もあります。

 

投資信託を分配金で分類。

 

投資信託を運用した結果得られた収益を、
収益分配金のカタチで投資家に支払う投資信託を
分配型といいます。

 

分配型には現金で投資家に還元する
現金分配型と、

 

自動的に同じ投資信託購入する
再投資型があります。

 

 

それに対し、分配金を支払わない投資信託を
無分配型と言います。

 

 

無分配型の場合、得られた収益はすべて運用に回されます。

 

 

ちなみに私のおすすめしている
セゾン投信・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも、
分配金を全額再投資するタイプの投資信託です。

 

 

投資信託を運用方針で分類。

 

投資信託の運用には、大きくわけて

 

  • インデックス型
  • アクティブ型

 

のふたつがあります。

 

インデックス型とは

日経平均株価やTOPIXといった、
株価指数の動きに合わせて
価格が変動するように作られた投資信託。

 

アクティブ型とは

この株価指数を上回るリターンを目指して
作られた投資信託。

 

 

ちなみに私のおすすめしている
セゾン投信・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、
初心者向きと言われるインデックス型の投資信託です。

 

投資信託をその他の分類で分類。

 

  • 一般的に、日本国内の金融商品のみ組み入れている投資信託を国内型
  •  

  • 海外の金融商品のみを組み入れている投資信託を海外型
  •  

  • 国内・海外両方を組み入れている投資信託を内外型

 

上記のように区別します。

 

 

また、リスクの低さ・高さで分類する方法もあります。

 

投資のリスクとは

危険性ではなく、値段のブレ幅のことで、
リスクが高いほど、リターンも高くなります。

 

 

吟味に吟味を重ね、私がまず最初に選んだのが、
セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」でした。

 

>>なぜ、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを選んだのか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「投資信託にかかる手数料とは?」のページに進む

トップへ戻る