SBI証券でNISA口座を開設

母が突然、株を買いたいと言い出しました。
株主優待に興味がある、とのこと。
証券会社をいろいろ調べましたが、
平均的に評価の高いSBI証券で口座を開くことにしました。

 

 

SBI証券口座開設の流れ

 

まずは、こちらのURLをクリックしてください。
SBI証券口座開設ページにすすみます。

 

>>No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

 

「口座開設申込フォーム」にすすむ。

 

「SBI証券口座開設ページ」の下のような「口座開設」ボタンをクリックします。

 

 

下のような「口座開設申込フォーム」に必要事項を入力。

 

 

 

「内容確認」画面の口座開設申し込み方法にて、
「オンラインで口座開設」を選択。

 

 

口座開設申し込み画面で迷うところが2つありました。

 

1つが、特定口座の開設について。

 

選べる口座は2種類。
一般口座特定口座か、という2者択一です。

 

 

詳しい知人に聞いたところ、
現状で、一般口座に特にメリットはないため、
特定口座を選ぶべきだとのこと。

 

 

特定口座を選択すると、
次に、「源泉徴収あり」か「源泉徴収なし」か
を選択することになります。
これは、税金の支払いをどうするかということです。

 

 

「あり」を選ぶと、
証券会社が自動で税金を計算し、徴収して納税してくれます。

 

 

「なし」を選んだ場合には、
自分自身で確定申告をして納税する必要があります。

 

 

納税を忘れてしまったり、
確定申告の手間を考えると、
「源泉徴収あり」を選ぶのが良いとのこと。

 

 

ということで、母は、

 

特定口座を開設する(所得税・地方税(住民税)の源泉徴収を選択する)

 

を選びました。
私も、セゾン投信の口座開設の際は、こちらを選びました。

 

 

2つ目が、住信SBIネット銀行口座開設申込。

 

住信SBIネット銀行口座を開設すれば、
SBI証券での取引がスムーズになると思いますので、
こちらも一緒に申し込むことにしました。

 

 

住信SBIネット銀行を含む”ネット銀行”は、

 

 

「手数料が安い」
「預金金利が高い」

 

 

など、一般的な店舗型の銀行に比べ
メリットがおおきい場合が少なくありません。

 

 

全国のコンビニATMなどで入出金でき、
手数料が無料で済むネット銀行も多いです。
コンビニですから、もちろん24時間いつでも使えます。

 

 

そんなネット銀行の中でも、
住信SBIネット銀行は、下記のような評価も受けており、
安心感があると判断しました。

 

  • J.D. パワー2016年日本投資サービス顧客満足度調査 ネット証券部門」

    において5年連続第 1 位を受賞

  •  

  • 「オリコン日本顧客満足度ランキング総合ネット証券」部門にて10度目の第1位受賞

 

 

特に、SBI証券に口座を持っている場合は、
同じグループに所属する住信SBIネット銀行を利用することで、
取引きが連携できるため、
入出金の手間がかからない等、
利便性と金利面で利用価値がとても高くなるのが魅力です。

 

 

必要書類の受け取り

 

数日後、
「本人限定受取郵便物到着のお知らせ」とういう封筒が届きました。

 

 

 

本人限定受取郵便(特定事項伝達型)とは、
郵便物に記載された受取人本人に限り、
郵便物を受取ることがきでる、という郵便サービスです。
自宅へ配送の際、または窓口受取の際に、
運転免許証・写真付き住民基本台帳カード・
健康保険・国民健康保険等の被保険者証・
パスポート等の本人確認書類を提示すると、
本人に限り郵便物を受取ることがきます。

 

 

 

 

上の書類が入っていて、在宅している日時を指定し、
郵便局に連絡をします。
すると、指定日時に郵便局員さんが来てくれて、
下の封筒を受け取ります。

 

 

 

 

「口座番号」・「ログインパスワード」・「取引パスワード」等の案内書類と、
返送する包括告知書等(印鑑届出書)が同封されていました。

 

 

 

 

 

必要書類をSBI証券に返送

 

包括告知書等(印鑑届出書)に記入・捺印。
本人確認書類(運転免許証等)を同封。
運転免許証・保険証のコピーの場合は、この書類に貼り付けます。

 

 

 

あわせて返送。

 

 

 

 

 

これで、審査が完了すれば、取引が可能になります。

 

NISA口座開設まで流れ

 

NISA申し込み書類受取り

 

 

必要書類をSBI証券に返送

 

 

 

SBI証券が税務署にNISA口座開設を申請

 

NISA口座の開設には、
「税務署への申請」から3〜4週間程度かかる見込みだそうです。

 

SBI証券よりNISA口座開設完了の連絡

 

税務署でのNISA口座開設に関する確認が完了すると、
税務署からSBI証券に、NISA口座開設確認の通知が届き、
その通知を元に、NISA口座開設完了の連絡が申込者に届く。

 

 

サイトログイン後に確認できる「重要なお知らせ」等にて、
NISA口座開設完了を確認することが可能になる、とのことです。

 

>>No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>「NISAと投資信託、そして、直販投信」のページに進む

トップへ戻る