資産運用を60代で始めたきっかけは小さな投資から

当サイトにお寄せいただいた体験談です。

 

私が資産運用を始めたのにはあるきっかけがあります。

 

 

それは、アベノミクスによる株高です。

 

 

60歳という年齢になった時、
頼る収入は年金しかありませんでした。
そうなった時に、将来の資産形成をどのようにしたらいいのか、
真剣に悩みました。

 

 

老後までのトータル貯金額と、
今後生活で使うお金と比べてみたところ、
全く足りないと気づいたので、
お金を増やす「投資」を始めるしかないという考えに至りました。

 

 

老後にお金の心配をしない生活がしたいですし、
海外旅行や外食も続けられたらいいなとの思いがありました。

 

 

また、そのように考え始めた時にちょうどアベノミクスによる株高、
投資ブームが来たのです。

 

 

私が60代で始めたきっかけは、
折しも時代の流れとタイミングがちょうどよかったのだと思います。
これまで、投資の経験はない全くの素人でした。
先ずは、株や為替に関する本を買って読み漁りました。
そして、日々の経済ニュースはくまなく確認するようにし、
手帳には日々の主要な経済イベントを書き、
毎日どのように経済が流れているのかを調べました。

 

 

やり始めると楽しくなり、
インターネットからも情報を集めたり、
無料で開催されているセミナーにも顔を出すようになりました。

 

 

すると、そこで気がついたことなのですが、
意外にも、60代になって資産運用をし始める人が
多いなという印象を受けました。

 

 

みんな考えることは一緒で、低金利の時代、
銀行にお金を預けていても数円しか増えません。
それならば、個人が賢く投資をすることで、
老後の資金をなんとか確保しようとしているのです。

 

 

この状況から、投資の初心者は、
私だけではなかったのだという安心感と、
これからも一緒に投資を楽しめる新しい仲間を
見つけることができました。

 

 

資産運用は、一口にいっても様々な方法があります。
先ずは自分の中で、
どれだけの金額が手元にあれば生活できるのか、
しっかりとしたライフプランを立てる必要があります。
それによって、目標とする利回りを
何パーセントにするのか変わってきてしまいます。

 

 

比較的利回りの少ない運用方法でいい場合には、
リスクの低い商品を選択することが重要となります。

 

 

一方で、アクティブに利回り追求したい場合には、
多少のリスクがありながらも、
ハイリターン、ハイリスクの商品を選択しなければなりません。

 

 

どの商品をどのように組み合わせるか、
ここに資産運用の醍醐味があると考えられます。

 

 

また、自分一人で上手く資産運用ができない場合には、
金融機関に行って、
専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

 

 

最近では、
個人の資産形成に関する悩みを専門的に聞いてくれる、
プロフェッショナルが在中していることも珍しくありません。

 

 

自分が入っている保険から、全ての金融商品を考慮し、
的確なアドバイスをしてくれます。

 

 

やはり第三者の目というのは非常に大切であり、
自分が見落としがちなポイントを丁寧に拾い上げてくれます。

 

 

時間と手間はかかりますが、
老後の生活資金はそれだけ重要です。

 

 

定年退職後も仕事をみつけ、
収入を得ることのできる人はごく一部です。

 

 

だからこそ、今ある資金をどのように運用して、
老後の生活資金を捻出するかはとても大切なことになります。

 

 

きっと、投資をしたことのない人にとって、
資産運用は非常にハードルの高いものでしょう。
しかしながら、今では1万円から始めることのできる信託商品や、
ネット証券で気軽に口座を作って、運用を開始することができます。

 

 

意外かもしれませんが、運用は時間をかけた方が効果があります。
ですから、遅いかなという時期はなく、
思いたったら直ぐに始めることが重要です。

 

 

きっかけはみんな単純です。
資産運用をするようになってから、
新しい生きがいができたようにも思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

>>なぜ、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを選んだのか?

トップへ戻る